過去の学会ニュース(〜2011年)

2011年9月20日 YouTube, Ustream, Twitter開設
 以下のサービスを開始しました。

 

YouTube(動画配信サービス)

 ユーザ名:archaeoinfo(サンプル動画

Ustream(動画生中継サービス)

 チャンネル名:archaeoinfo(サンプルチャンネル

Twitter(短文速報通報サービス)

 ユーザ名:archaeoinfo(サンプルつぶやき

2011年9月12日掲載 第29回大会開催の開催日・開催場所の決定
 日本情報考古学会第29回大会を以下にように開催することが決まりました。多くの学会員の方々のご参加・ご発表を心からお待ちしております。

 

場所:龍谷大学
大会日程:

2012年3月24日(土)

2012年3月25日(日)

2011年9月10日 2011年度シンポジュウムが開催されました。

 「3D技術の応用と課題」をテーマに、2011年9月10日(土)に東京駅隣接の同志社大学東京オフィスでシンポジュウムが開催されました。千葉史氏 (株式会社ラング)、河江肖剰氏 (名古屋大学大学院)、Randall Sasaki氏 (テキサスA&M大学大学院博士課程)、廣田吉三郎氏 (創和システム)の講演とパネルディスカッションが行われました。約40名が参加し、考古発掘における遺構・遺物の3次元計測、一般公開法、海洋探査、著作権管理との関係について、熱心な討論がなされました。

 この場をお借りして、会場を提供いただきました同志社大学に感謝申し上げます。

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

2010年8月8日掲載 シンポジュウムの詳細プログラムが決まりました

 

2011年度日本情報考古学会シンポジュウム

 

テーマ:考古学研究における3D技術の応用と課題

日 時:2011年9月10日(土) 13:00〜16:00

場 所:同志社大学 東京オフィス・セミナールーム

   (〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目6番2号 日本ビルディング5階566区、代表TEL:03-3516-7577)

 アクセスマップ http://www.doshisha.ac.jp/access/tokyo_access.html

参 加:無料,事前登録不要

 

【プログラム】

13:00 開会の辞

13:05 大会委員長挨拶

13:15 講演会

1) 13:15~13:40 考古資料の形情報を可視化する技術

    千葉 史 (株式会社ラング)

2) 13:40~14:05 エジプト、ギザにおける3D計測の調査事例と課題

    河江肖剰 (名古屋大学大学院)

3) 14:05~14:30 水中考古学と3D測量技術

    Randall Sasaki (テキサスA&M大学大学院博士課程)

4) 14:30~14:55 3Dバーチャルワールドの活用と課題

    廣田吉三郎 (創和システム)

14:55~15:10 休憩

15:10~15:50 シンポジウム・ディスカッション

15:50~16:00 総評・閉会の辞

2011シンポジュウム案内
symp2011.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 84.2 KB
2011年2月7日掲載 2011年3月5,6日開催・第28回大会プログラム
 3月5、6日の週末に共立女子大学神田一ツ橋キャンパスで開催される日本情報考古学会第28回大会のプログラムが決まりました。2件の特別講演が予定されております。よろしくご参集ください。

3月5日(土)

13:00-13:10 開会挨拶 会長 植木 武(共立女子短期大学)

一般講演

13:10-13:40 鉛同位体比による青銅器製作の過程の推測(2)

吉田知行(北海道大学)

13:40-14:10 埴輪の胎土分析でどんな考古情報が得られるか

三辻利一(鹿児島国際大学)・犬木努(大阪大谷大学)・近藤麻美(大阪国際大谷大学)

14:10-14:40 版木の損傷文字の3次元デジタル復元の試み

河嶋壽一(龍谷大学)・川口祐貴(龍谷大学)

14:40-14:50 休憩

14:50-15:20 博物館のパノラマ撮影とインタネットの活用

李連・森本和男(千葉県教育振興財団)

15:20-15:50  発掘調査報告書の電子化 —報告書の過去・現在・未来—

及川昭文(総合研究大学院大学)

休憩  15:50-16:00 

16:00-17:00 特別講演:再現・江戸の景観—広重・北斎に描かれた江戸、描かれなかった江戸—

清水英範氏(東京大学)

17:00-17:10 学会賞授与式

17:20-19:20 懇親会(会費3,000円)

3月6日(日)

一般講演

9:30-10.00 卑弥呼の墓は平原1号墓か? 天神七代・地神五代の神々の故郷は伊都国

石井 好(東京都立産業技術高等専門学校)

10:00-10:30 渋谷向山古墳の築造企画の再検討

西村 淳(函館大学)

10:30-11:00 瀬戸内海沿岸における「海辺の首長墓・後背地の首長墓」データベースの作成

魚津知克(大手前大学)・福井亘(京都府立大学)・山本 亮(京都大学大学院)・阿児雄之(東京工業大学百年記念館)

11:00-11:10 休憩

11:10-12:10 特別講演:GISを利用した土地改変履歴の観察と遺跡分布調査への応用

木口裕史氏(株式会社パスコ)

12:20-12:30 総会 

12:30 閉会挨拶 副会長 佐藤宏介(大阪大学)

第28回大会プログラム・地図
28prog.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 216.7 KB
2010年12月21日掲載 2011年3月5,6日開催・第28回大会開催の案内
 日本情報考古学会第28回大会は、共立女子大学神田一ツ橋キャンパスで開催いたします。本学会における近年の動向を振り返ると、特にGISを用いた時空間情報から歴史現象にアプローチする方法について多くの研究成果を扱い、チュートリアルセミナーも含めて、さまざまな理論と実践について公開・発表してまいりました。今大会では「考古学研究におけるデジタルデータ活用への扉【データの取得・蓄積・統合・解析・活用】(仮題)」というテーマで特別講演2本を企画しています。遺跡の調査研究においてさまざまな形で記録されるデータのあり方について、データ取得から活用にいたる技術や解析や活用の方法について、改めて具体的な事例を通じてご紹介したいと考えております。
 これに合わせて、これまで通り“情報考古学”の一般講演を中心に大会を進めてまいります。一般講演につきましては、多くの学会員の方々のご参加・ご発表を心からお待ちしております。振るってご応募いただきますようお願い致します。

大会日程:

2011年3月5日(土) 一般講演(13:00開始)、特別講演(16:30頃開始)、懇親会(17:30〜19:30)

2011年3月6日(日) 一般講演(10:00開始)、特別講演(13:00~14:00予定) 


会場:共立女子大学神田一ツ橋キャンパス (本館510, 512番教室) 本館1階ロビーで受付の後に5階会場へ移動下さい(なお、会場は当日変更の場合がございます。あらかじめご了承ください)。

アクセスパップ:http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/access/kanda/campus.html

研究発表の申込み締切 2011年1月15日(土)
講演論文集原稿の締切 2011年2月12日(土)

2010年12月21日掲載 第28回大会一般研究発表の募集
 多くの学会員の研究発表をお願いいたします。 お申込みをいただきました内容につきましては、事務局ならびに大会実行委員会、理事会などを通じ、査読を実施し、採否の結果は改めてご連絡申し上げます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 一般研究発表にお申し込みの方は、本ホームページ「大会」→「発表申込」にアクセスの上、申込原稿フォーマットをダウンロードして査読用原稿を作成ください。この査読用原稿の送付をもちまして、一般研究発表への申し込みとさせていただきます。査読用原稿は、 電子メール、ファックス、郵送のいずれかで学会事務局までお送り下さい。電子メールをご利用の方は、添付ファイルにて原稿をお送りください。

原稿フォーマットダウンロード先: http://www.archaeo-info.org/大会/発表申込/

一般研究発表申込先: 本学会事務局(本ホームページの右上に連絡先があります)

研究発表の申込み締切 2011年1月15日(土)

講演論文集原稿の締切 2011年2月12日(土)

2010年12月20日 会報27号(2010年12月21日付)発行
PDFファイル
kaihou-27.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB

2010年12月20日 2009年度学会賞受賞者について
 2009年度の日本情報考古学会賞が次の方々に決まりました。なお日本情報考古学会論文賞については該当者はおりませんでした。

  日本情報考古学会賞:及川昭文(総合研究大学院大学)
  日本情報考古学会堅田賞(優秀賞):中谷友美(同志社大学)

2010年11月15日掲載 「文化財の生物劣化を防ぐための菌類科学の挑戦」シンポジウム

 国宝の高松塚古墳壁画やキトラ古墳壁画では、発掘調査とともにかび汚染が発生し、その後の壁画保存に大きな影響を与えています。文化財の生物劣化に関するシンポジウムが日本菌学会・日本防菌防黴学会合同で開催されます。詳細は、開催パンフレット(ここをクリック)をご覧下さい。

日 時:2010年11月27日(土曜),AM10:20-PM4:00

会 場:東京医科歯科大学 御茶ノ水キャンパス

2010年10月9日 2010年度シンポジュウムが開催されました。

 「発掘作業と情報管理」をテーマに、2010年10月9日(土)に京都工芸繊維大学でシンポジュウムが開催されました。宝珍輝尚京都工繊大教授の司会で、宮原健吾氏(京都市埋蔵文化財研究所) 、水村伸行氏(福井県立博物館)、山口欧志氏(国際日本文化研究センター)の講演とパネルディスカッションが行われました。朝からの強い雨にもかかわらず、25名が参加し、発掘情報の一般公開と電子化、データベースとの関係について、熱心な討論がなされました。

 この場をお借りして、会場を提供いただきました京都工芸繊維大学に感謝申し上げます。

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

2010年9月14日掲載 シンポジュウムの詳細プログラムが決まりました

 

2010年度日本情報考古学会シンジュウム

 

テーマ:発掘作業と情報管理

日 時:2010年10月9日(土) 13:00〜16:00

場 所:京都工芸繊維大学 大学センターホール2階大会議室

   (京都市左京区松ヶ崎御所海道町)

 交 通 案 内  http://www.kit.ac.jp/01/01_110000.html

 キャンパス案内  http://www.kit.ac.jp/02/matugasaki.html

 キャンパスマップ http://www.kit.ac.jp/01/gakunaimap/matugasaki.html

参 加:無料,事前登録不要

 

【プログラム】

13:00-15:00 講演

(1) 京都市内での発掘調査と発掘情報管理

 宮原健吾 氏(京都市埋蔵文化財研究所)

 

(2) 越前一乗谷朝倉氏遺跡での発掘調査と発掘情報

 水村伸行氏(福井県立博物館)

 

(3) 遺跡の文化資源化について−遺跡に関する情報の収集・管理・活用−

 山口欧志氏(国際日本文化研究センター)

 

15:10-16:00 パネルディスカッション「発掘作業と情報管理」

 パネラー:宮原健吾氏,水村伸行氏,山口欧志氏

 司  会:宝珍輝尚氏

 

備考:講演は引き続き受け付けています。ご希望の方がいらっしゃいましたら、事務局にお知らせください。

2010年9月6日 人文科学とコンピュータ(じんもんこん2010)

 日本情報考古学会は、情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会主催の人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2010」を後援しています。

  • 日程:2010年12月12日(土)、13日(日)
  • 場所:東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)

2010年9月6日 旧ホームページ閉鎖

 日本情報考古学会の旧ホームページ(http://www-sens.sys.es.osaka-u.ac.jp/jsai/)を閉鎖しました。

2010年6月9日 平成22年度シンポジュウム「発掘作業と情報管理」のパネリスト募集

 「発掘作業と情報管理」シンポジュウムのテーマに相応しいパネリストを募集しております。自薦、他薦を問いませんので、候補がおられましたら、事務局までご連絡ください。

2010年6月9日 平成22年度シンポジュウムの日時と開催場所決定

 日本情報考古学会平成22年度シンポジュウムを、「発掘作業と情報管理」をテーマに、平成22年10月9日(土)、京都工芸繊維大学(京都市営地下鉄烏丸線「国際会館」行に乗車(約18分)「松ヶ崎駅」下車、徒歩約8分)で開催いたします。詳細は本ホームページにて後日案内いたします。

2010年4月13日 日本情報考古学会ドメイン取得

 日本情報考古学会は、インタネット上に独自ドメインを取得し、ホームページ担当理事の手許で管理していたサイト(http://www-sens.sys.es.osaka-u.ac.jp/jsai/)から、ここに移転しました。今後、このURLから情報発信してゆきますので、会員各位は是非ブックマークをお願いします。

2010年3月27日(土)・28日(日) 日本情報考古学会第27回大会日本情報考古学会2010年度総会のご案内

 日本情報考古学会第27回大会、2010年度総会が、3月27日(土)・28日(日)に大阪大学豊中キャンパスにて開催されます。プログラムについては第27回大会プログラムをご参照下さい。

2008年12月13日(土)・14日(日) 日本情報考古学会・公開セミナー『形を測る』

 日本情報考古学会第1回公開セミナーを以下のように開催します。

日時:12月14日 日曜日 10時から
場所:同志社大学京田辺キャンパス 夢告館1階102教室
内容:
  10:00~10:45 矢野 環(同志社大学)
          「形状の数学的評価手法と系統樹分析」
  10:45~11:30 小森政嗣(大阪電気通信大学)
          「幾何学的形態測定学による顔の形態的特徴の分析」
  11:30~12:30 パネルディスカッション
          『絵画や文化遺産の形状評価への展望と提案』
          パネラー 矢野環・小森政嗣・村上征勝・鎌倉快之
          司会 津村宏臣

★なお、12月13日土曜日には、人文系データベース協議会「公開シンポジウム」が、同じ会場で、10時より開催されています。こちらへのご参加もできますので、よろしくお願いいたします。詳細は、http://www.cis.doshisha.ac.jp/htsumura/jinbun2008/jinbun2008.htmlを参照ください。